宮崎陽江 Violoniste(ヴァイオリニスト)

ニューヨーク州イサカ市生まれ。
幼少期をパリにて過ごし、3歳よりヴァイオリンを始める。

堀正文、山口裕之、 故江戸純子氏に師事。
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業後、同研究科一年修了。
同年、ジュネーヴ高等音楽院にてジャン=ピエール・ヴァレーズ氏に師事し1997年、同音楽院をプルミエ・プリ(ー等賞)にて卒業。
在学中、 モダン・バロック両楽器をハンス=ハインツ・シュネーベルガー氏に師事。

以来、日本とジュネーヴの拠点を生かし、欧州と日本を繋ぐ活動を展開。
主要音楽祭に多数参加すると同時に、音楽DVD「源流を求めて」シリーズは衛星チャンネル・クラシカジャパンにて放送され、 好評を博す。

国内外でのソリストとしての活動は多岐にわたり、これまでにソリスト・ド・ジュネーヴ、ジュネーヴ室内管弦楽団、バス・ノルマンディー管弦楽団、 スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団、北東ドイツ管弦楽団、デュッセルドルフ管弦楽団、国内では東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団等と共演、
また、矢崎彦太郎、秋山和慶、大友直人、レオシュ・スワロフスキー等名匠との共演を果たしている。

バロックから近現代 まで幅広いレパートリーをこなす室内合奏団・Yoé Productionsを 立ち上げ、国内外のツアーを行うなど精力的に活動。
自作曲を含むCD6枚をオクタヴィア・レコード(エイベックス)よりリリース、ライヴ音源を収録したオリジナルレーベルCDも好評発売中。

近年では、イタリアのカンポバッソ国立音楽院でマスタークラスを行う(2019年)など、後進の指導にも力を注いでいる。